【体験】シニア夫婦の海外旅行の楽しみ方~安くて豪華に楽しむコツ

旅の楽しみ方
イングランドのストーンヘンジを訪ねて

この記事は読むのに、約 5 分かかります。

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

安くて豪華に、夫婦で海外旅行を楽しむ方法は?

元気な60代シニア世代が、夫婦で海外旅行を楽しむ機会は増えています。

子育てが落ち着き、定年退職もし、人生の節目に夫婦でのんびり海外旅行を楽しみながら、次の人生設計を語り合うのは素晴らしいことです。

でもどうせ行くなら、あまりお金をかけずに、しかも安かろう悪かろうの格安パックではなく、二人にとって自分たちだけの豪華な海外旅行でありたいものです。

かといって、行ったことのない国を自分たちだけで回るのは危険ですし、そもそも計画し準備するのも大変です

大丈夫です。ここでは旅行会社をうまく利用しながら、自分たちだけの時間を楽しめる方法をご紹介します。

サイパン島にて撮影

広告

  

パッケージツアーと自分で手配する旅の長所・短所

まず、海外旅行に行くには、旅行会社のパッケージツアーに参加する方法と自分で手配する方法があります。

パックツアーの長所は、希望するパックツアーを選べば、あとは旅行会社がすべて段取りしてくれるところです。楽で安心です。

短所は、集団行動なので他の参加者への気遣いが必要なことと、旅の自由が制限されるところです。

個人で手配する長所は、自分たちの思うままに予定が組めることです。ずっと行きたいと思っていた場所に思う存分時間を使うことができるし、自由気ままなに行動ができます。

短所は、航空券、宿泊先の手配や、旅先の情報収集などの事前準備と現地での手配が面倒なところです。

パックツアーと個人手配は、どっちが安いか?

コスト面に関しては、アメリカ、ヨーロッパなど遠距離なほど、パックツアーの方が安く済みます

東アジア、東南アジアなどは、個人で航空券とホテルを手配しても安く抑えられる場合が多いです。LCCをはじめ就航キャリアの本数も多く、価格競争も盛んなためです。

旅行会社にはホテルと航空会社と両方との繋がりがあり、個人手配では手にできない価格で商品を売る事ができる場合があるのは事実です。

韓国のソウルにて撮影

60代シニア夫婦に向く海外旅行は?

では、海外旅行を安くて豪華に楽しむには、どんな選択肢があるのでしょうか。

海外旅行には大まかに分けて、二つのタイプがあります。ひとつは滞在型(都市やリゾート地に滞在)の旅で、もう一つは周遊型(一国や数か国を巡る)の旅です。

滞在型の旅には、パリとかニューヨーク、ロンドンなどの都市に連泊し、市内や郊外を日帰り観光するパターンと、ハワイなどのリゾート地にゆったりと滞在するパターンがあります。

周遊型の旅には、バスや列車で移動しながら、一国または数か国を周遊しながら観光するパターンです。

イングランドのリバプールにて撮影。

まず、滞在型がシニア夫婦にはおススメ

私は絵を描くのとシャンソンが好きなため、パリは大のお気に入りです。パリに滞在しながら妻と美術館を巡り、カフェでゆったりとお茶を飲むのが至福の喜びです。

また、ニューヨークは仕事で3年住んだ都市であり、ジャズ、ミュージカル、オペラ、美術館など楽しめる場所がいくつもあり、飽きることがありません。知り合いもいて、何回行っても楽しめます。

パリやニューヨークは市内だけでも楽しめる観光スポットがたくさんあり、自分たちで計画し出かけることができます。

また、郊外へ自分たちで足をのばしても良いし、日本人向けの日帰りバスツアーもたくさん用意されています。

ハワイなどのリゾート地ならまして、自分たちだけで安心して、ゆったりとのんびり過ごすことができます。

旅行会社には、往復の航空券とホテルの予約、現地のオプショナルツアーを頼むだけで済みます。

また、ネット予約ならエクスペディアなどを使うのも一つの手です。滞在型の旅で、格安航空券と格安ホテルを予約をするだけなら、とても便利です。

私も何度も利用していますが、国内の旅行会社に比べ安く抑えられます。

外国の会社のため初心者には向かないかもしれませんが、ネットで予約した通りに行動すればまず問題は起こりません。

スペイン南部コスタデルソルの町・ミハスにて撮影

周遊型はまずツアーに参加する

パックツアーの最大の長所は、宿泊先の予約確認や列車などの移動手段に気を遣わずに、旅を楽しめることです。

半面、団体行動なので、同行するメンバーとの相性や巡り合わせが悪く、不愉快な思いをする心配があります。

また旅先でのトラブルなどを考えると、安心を買うためにも添乗員付きの周遊型パックツアーは楽です。

さらに中には、個人では入れない美術館や歴史的建造物もあり、ツアー参加者限定だから観られるメリットもあります。

私は2019年夏に、イングランド、ウェールズ、スコットランドをクルマで巡る旅を計画しましたが、異国での交通事故を考え、結局はパックツアーに加わり、途中で別行動(離団)をとる方法を選択しました。

広告

   

タイトルとURLをコピーしました