リバプールにビートルズの聖地を訪ねる

ギターの楽しみ方

この記事は読むのに、約 2 分かかります。

全画面に切り替えて、ご覧ください。

一度は行きたいと思っていたビートルズの4人が生まれたイギリスの港町リバプール。

昨年、初めて訪ねることができました。

市の中心部にあるマシューストリート(Mathew Street)は、ビートルズ発祥の地として知られ、通り沿いのキャバンクラブ(Cavern Club)はビートルズがまだ無名だった頃、活動したライブハウスとして有名です。

当日は小雨の降る夕方でしたが、多くのビートルズファンが訪れていました。

リバプールの町全体に、パブとライブハウスが一緒になったような店が多く、それぞれの店の奥からは生バンドの歌声と演奏が聞こえてきました。

ビートルズが生まれ育ったのは、こんな街の雰囲気、音楽環境だったのかと実感しました。

町外れにあるストロベリーフィールドやペニーレーン、ジョンとポールが初めて会った教会、彼らの生家も訪ねてみたかったのですが、それは次回のお楽しみにすることにしました。

ロンドンに戻り、アビーロードの横断歩道を渡りました。

アルバム『アビイ・ロード』の中では、B面の一曲目「ヒア・カムズ・ザ・サン」(Here Comes The Sun)が大好きです。

ご存知の通り、ジョージ・ハリスンの作ですが、横断歩道を渡りながら、私は思わず「du du du du du⤴」と口ずさんでいました。

文:小暮貢朗

広告:ヤマハギター(左)とヤイリギター(右)

 

タイトルとURLをコピーしました