サイモンとガーファンクルの名曲「スカボロフェア」のふるさと、イギリスのスカボローを訪ねる

ギターの楽しみ方
イングランド・ノースヨークシャー州スカボロー城址にて撮影

この記事は読むのに、約 5 分かかります。

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

「スカボロフェア」とは、スカボローの市(いち)のこと

中学1年生の時に、サイモンとガーファンクルが歌う「スカボロフェア」を聞いて以来、この曲は私の一番好きな曲になりました。

50年越しの夢を抱え、2019年6月にイングランド北部、ノースヨークシャー州の港町、スカボロー(現地ではスカーブラ、スカーバラと発音)を訪ねました。その名はバイキングの戦士に由来するとのことです。

ロンドンからヨークで乗り換えて3時間半。あこがれの地に初めて足を踏み入れました。

スカボロフェアは、中世から歌い継がれてきた民謡

Are you going to Scarborough Fair?
スカボローの市に行くのですか? →(戦で死んだ悪霊が旅人に囁く)

Parsley, sage, rosemary & thyme.
パセリ、セージ、ローズマリーとタイム。→(旅人はそれを聞くまいと魔除けの呪文を唱える)

Remember me to one who lives there.
そこに住むある人に私のことを覚えているか尋ねてください。→(悪霊はさらに旅人に伝言を頼む)

She once was a true love of mine.
むかし、私が心から愛した人なのです。→(悪霊は何故伝言をしてもらいたいか、理由を話す)

Tell her to make me a cambric shirt.
その人にケンブリックのシャツを作って欲しいと伝えてください。→(悪霊は無理難題な内容を伝える)

Parsely, sage, rosemary & thyme.
パセリ、セージ、ローズマリーとタイム。→(旅人はひたすら呪文を唱える)

Without no seams nor needlework.
縫い目も無く針を使うことも無く。→(無理難題な内容の伝言は続く)

Then she’ll be a true love of mine.
そうすれば、その人は私が本当に愛する人になるでしょう。

このスカボロフェアは中世から歌い継がれてきた民謡で、たくさんのバージョンがあります。

サイモンとガーファンクルが歌ったスカボロフェアもそのバージョンの1つで、彼らのオリジナル曲ではありません。

同じイングランド民謡に「グリーンスリーブス」があります。スカボロフェアもそうですが、3拍子でEm(ホ短調)の曲です。

どうも私は、3拍子(ワルツ)の流れるようなリズムに乗った、マイナー調の曲が好みのようです。

海辺の崖の上に立つスカボロー城址

 

スカボロフェアの詩の意味は?

中世の時代に戦(いくさ)で死に悪霊となった騎士が、スカボローに残した恋人を偲び、通りすがりの旅人を見つけては、彼女に伝言してほしいと頼みます。

しかしその内容は、「針を使わないで薄手のシャツを作って」とか、「海辺の波と陸地の間に広い土地を見つけて」とか、「革の鎌で収穫して」とか、まさにどう考えても実現不可能な内容です。

それができたときに、彼女は私の本当の恋人になるのです。そう騎士の悪霊は、旅人に語ります。

旅人はその願いを聞き入れてしまうと悪霊に命を取られてしまうので、しきりに魔除けの香草の名前を唱えます。

それが「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」です。まさに魔除けの呪文です。

でも、悪霊として原野をさまよう騎士の魂が、いつかスカボローの恋人に直接別れを告げ、天国に旅立てたと信じたいですね。

スカボローの町を歩きながら、ふとそんなことを考えました。

スカボロー城址から海を眺める

広告:マーチンドレッドノート・ジュニア(左と上)、テイラーGS Mini(右と下)

動画で見るスカボロー散策

BGMで流れている音楽は、私が弾き語りした「スカボロフェア」です。YouTubeにも投稿

アコースティックギターなら石橋楽器店!

広告

   

港町で保養地のスカボロー(スカーブラ)

写真でご紹介します。

アメリカではスカボローと発音しますが、イギリスではスカーブラ、スカーバラと発音されていました。

スカボロー駅前からメインストリートを通り、スカボロ城址への坂を登りました。

海沿いの高台にあるスカボロ城跡を目指しました。中世の面影を残す廃城でした。

城跡に入りました。当日は6月の穏やかな日でしたが、城跡が経てきた数百年の風雪を感じました。

坂を下り、町を散策しました。スカボローのフェアと謳われた大陸との交易で栄えた市場の面影はなく、静かな港町、保養地であることが分かりました。

駅近くの公園から港を見下ろし、スカボローの町に別れを告げました。

ロンドンからの往復7時間、私のスカボローへの日帰り旅は終わりました。

スカボロフェアの故郷を求める旅、本当にいい思い出になりました。

文:小暮貢朗

広告:テイラーギター(左&上)とヤマハギター(右&下)

アコースティックギターなら石橋楽器店!

タイトルとURLをコピーしました