【実体験】趣味は50代で始めた方がよい理由~定年後の仕事ロス対策

注目記事

この記事は読むのに、約 5 分かかります。

定年後の生き方の準備は、50代から始めた方がよい

サラリーマンも50代になると、会社で一定の役職に就き、責任ある立場になります。

同時に、組織における今後の自分のポジションが、ある程度想像できるようにもなります。

50代は精神的なストレスはありますが、30代、40代の頃に比べ、長時間労働など肉体的なストレスからは解放されるケースが、多くなるのではないでしょうか。

週末の土・日は基本的に休むことができ、肉体的には楽になっているはずです。

そんな週末2日間のうちの半日を使い、新しい趣味に挑戦することをお薦めします。

定年後に燃え尽き症候群(仕事ロス)になるケース

50代のみなさん、65歳定年以後の人生について考えたことがありますか。

ほとんどの方が、「定年後はほどほどに仕事し、好きな趣味でもやって、のんびり暮らしたい」と思っているのではないでしょうか。

でも結局のところ、趣味も見つからずに、定年を迎えるシニアが多いのが事実です。

今そんな趣味のないシニアの中で、燃え尽き症候群(仕事ロス)になる人(特に男性)が増えています。

生活のペースメーカーだった仕事が無くなり、虚脱感からうつ病を発症してしまうのです。

「定年後の居場所をどう探すか」・・・それは50代の現役の時に、準備するべきなのです。

【体験】単身赴任がきっかけで、趣味に目覚める

私の場合、50歳の単身赴任中にいろんな趣味に挑戦する機会を得ました。

土曜の午前中を掃除や洗濯の時間にし、午後を趣味の時間にしました。

40代まで週末にゴルフをやっていたのですが、五十肩をきっかけにゴルフをやめました。

それが結果として、いろんな趣味にチャレンジする契機になりました。

一眼レフカメラ、自転車、トレッキング、ジャズやシャンソンライブ、茶道、日帰り旅行など、いいなと思ったことはすぐにやってみました。

その結果、消去法でいまでも続いている趣味が、ギターの弾き語りと陶芸、油絵です。

その他の趣味もまったくやらなくなったわけではありませんが、その3つの趣味が私には合っているようです。

定年後も2年間、会社勤めを続けましたが、一念発起でシニア起業をしました。

現在は月曜から金曜までは仕事、といってもマイペースでの仕事ですが、週末のうち一日は趣味三昧の日々を送っています。

50代で趣味を始めるメリットとは?

定年後の仕事ロスを未然に防ぐ以外にも、50代から趣味を始めるメリットがあります。

交友関係が広がる

サラリーマン生活も30年近くなると、日ごろ接する相手が同じ会社の人か、取引先の人に限定されてきます。

同業者として同じような価値観は共有できますが、あくまで仕事中心の関係となります。

仕事上の上下関係や取引関係という制約から、あまり本音で話す機会とはなりません。

私が通っている絵画教室は定年後のシニアが多く、グループ展などを通じて交わることで、自分の10年後、20年後の姿を想像することができます。

情報交換の場になる

仕事ではなく趣味を通じた関係なので、利害関係がありません。

自分の仕事や会社、業界だけが大変だと思いがちですが、他業界の生の声を聞くことができ、それが仕事に役立つケースもあります。

ストレスの解消となる

50代は管理職として、日々ストレスを抱えながら仕事をしています。

日頃の人間関係から離れ、利害関係のない人と接したり、趣味で頭を空っぽにすることで、ストレス発散になります。

このストレスをうまく発散できないことで、成人病が進行したり、ガンの原因にもなります。

趣味でも、先んずれば人を制す

趣味の世界でも、種類によっては年功序列っぽい関係があるのをご存知ですか?

経験の長い人に、「一日(いちじつ)の長(ちょう)あり」といった方がよいかもしれません。

同じ年でも、10年前から始めた人と、定年後に始めた人では、技術レベルが違うのは当たり前です。

でもそのレベルの差に、厭な思いをすることがあるのです。

「どうせなら、もっと早く始めていればよかった」と。

老後の趣味の世界で、サラリーマン時代と同じように、嫌な思いはしたくないですよね。

人生100年時代の生き方とは?

厚生労働省によれば、日本人の平均寿命は男性81.25歳、女性87.32歳(18年)。

女性は6年、男性は7年連続で過去最高を更新し、「さらに延びる可能性が高い」との見解を示しています。

「人生100年時代」といわれ、いろいろな老後プランが語られています。

「生涯現役を続ける」、「シニア起業に賭ける」、「地域に貢献する」、「趣味を満喫する」など、いろんな選択肢がありますが、心構えと準備は50代から始めるに越したことはありません。

文:小暮貢朗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。