趣味を楽しむ

趣味を楽しむ 趣味を楽しむ

ギターの楽しみ方、油絵の楽しみ方、陶芸の楽しみ方について、筆者自身の体験からご紹介します。

ギターを楽しむ

【ギターで歌おうチャンネル】5ヵ月で100曲を超える《人気曲トップ5》

コロナ禍真っ只中の今年(2020年)6月から始めた『ギターで歌おうch』のアップ動画数が、11月で100曲を超えました。1動画あたり10分から20分ですが、準備と動画編集に思っていた以上に時間がかかることがわかりました。以下、動画をアップするまでの工程と視聴回数の多いベスト5についてお伝えいたします。
学びを楽しむ

【YouTubeにチャンネルを作る】ギター弾き語り講座を開設

YouTubeに自分の動画チャンネルを立ち上げました。動画作成の知識、経験不足で苦労しましたが、何とか自分の手作り動画チャンネル『ギターで歌おうch』を立ち上げることができました。60代シニアの私が試行錯誤を重ねながらYouTubeチャンネルをどのように立ち上げたのか、ご紹介いたします。
ギターを楽しむ

MOSHを使い、「ギター弾き語りのオンラインレッスンサイト」をオープン

MOSH(モッシュ)は、スマートフォンとPCで簡単に自分のサイトが作成できる。SNSと連携でき、洗練されたシンプルなデザインは多くの人の心をつかむかもしれない。私も早速自分のサイトを作ってみた。手数料の安さ、予約管理、オンライン決済、Zoomとの連携の機能が魅力。
油絵を楽しむ

【シニアの油絵】役立つYouTube絵画教室厳選5チャンネル

新型コロナで外出自粛の昨今、絵画教室に通うのも難しい状況です。ストレス発散にもなる絵を描いてみませんか!YouTubeなら、絵の基礎を手取り足取り教えてくれる動画チャンネルがあります。YouTubeにアップされている絵画入門講座の中で、基礎を学べる5つのチャンネルをご紹介します。
ギターを楽しむ

【シニアが新型コロナの今、始めるギター】役に立つYouTube生ギター厳選5チャンネル

今は、YouTubeで手取り足取り教えてくれる動画があり、楽に上達できることをご存知ですか。YouTubeにアップされているアコギに関する動画の中で、特に内容の濃い5つのチャンネルをご紹介します。それぞれのギタリストが自身の体験をもとに作成した陶芸入門から中級までの動画です。
注目記事

【シニアの陶芸入門】役に立つYouTube陶芸チャンネル5選

陶芸を習ってみようと思ったら、独学ではなく陶芸教室でまず基礎を学ぶことをおススメします。でも、速く上達したいなら、陶芸教室だけでなくYouTubeで予習、復習すれば、数倍の速さで上達することができます。YouTubeにアップされている陶芸に関する動画の中で、特に内容の濃いチャンネルをご紹介します。
ギターを楽しむ

【シニアのギターの学び方】ユーチューブを活用しギターが上達!

「ギターを始めた人の9割は、1年後にはギターに触らなくなっている」。朝日新聞を読んでいたら、ギター・マガジン編集長・河原賢一郎氏へのインタビュー記事に目が留まった。確かに昔は独学でマスターするのは大変でした。だから1年でやめてしまったのです。でも今はYouTubeで手取り足取りはるかに楽に上達できることをご存知ですか。
注目記事

信楽焼の穴窯体験~東京で窯焚きの様子をYouTubeで紹介

東京都八王子市川口在住の陶芸家・船越保さん所有の穴窯(自在窯)で、船越さん主宰の薪窯塾の仲間が、年2回窯焚きをしています。NHKの連ドラ『スカーレット』の主人公と同じく、信楽焼を焼いています。私も信楽焼の持つ緋色の肌合い、緑のビードロ釉、渋く深い灰被りの青や紫の焦げに魅了された一人です。信楽焼は「炎の芸術」です。
旅を楽しむ

【シニアの陶芸入門】信楽焼の穴窯を東京で体験できる陶房を紹介

東京で穴窯体験ができるおススメの陶房 NHK連続テレビ小説「スカーレット」をご覧になり、やきものにご興味を持った方はいらっしゃいますか? やきものの土に触れると心がリラックスし、健康にも良いことをご存知ですか。 陶芸教室に...
旅を楽しむ

【シニアの陶芸入門】スカーレットで有名な信楽焼の窯元を巡る旅

NHKの連続テレビ小説 『スカーレット』で注目されている信楽のまち。ドラマはやきものの里、信楽を舞台に、女性陶芸家の波乱万丈な人生を描きました。信楽焼は日本六古窯のひとつに数えられ、古くから日常に関わり歩んできたやきものです。その素朴な風合いは、いにしえの茶人たちを魅了しました。
注目記事

【50代からの陶芸入門】シニアの穴窯体験~信楽焼に魅せられて

NHKの連ドラ「スカーレット」で、やきものにご興味を持った方はいらっしゃいますか? 柔らかい陶土が熱を加えると、硬く焼き締まり、まったく別のものに変化するのが不思議です。電動ろくろで成型し、電気窯で焼成する陶芸に飽きたときに出会ったのが、緋色が入った信楽焼でした。
ギターを楽しむ

【シニアのギター入門】ライブハウスでドナドナを歌っちゃいました

ドナドナ Dona Donaは、ジョーン・バエズが歌い1961年に世界的にヒットした曲です。もともとイディッシュ語(中東欧ユダヤ語)で書かれ、1940年のミュージカル曲を原曲とするフォークソングです。アーロン・ツァイトリンが英語を作詞、ショロム・セクンダの作曲です。古い歴史のある歌なんですね。
ギターを楽しむ

【シニアのギター】ピーター・ポール&マリー「虹と共に消えた恋」

この曲は17世紀のアイルランドで歌われていた歌が原曲です。コーラス部分がアイルランド語(ゲール語)です。英仏の百年戦争にアイルランドも駆り出され、愛する人を戦争で奪われた女性たちが歌ったようです。その後移民でアメリカにも伝わったようです。ピーター・ポール&マリーの頃はベトナム戦争の時代で、反戦歌として歌われました。
ギターを楽しむ

【シニアの旅】念願のビートルズの聖地リバプールを訪ねました

全画面に切り替えて、ご覧ください。 一度は行きたいと思っていたビートルズの4人が生まれたイギリスの港町リバプール。 昨年、初めて訪ねることができました。 市の中心部にあるマシューストリート(Mathew St...
注目記事

シニアの陶芸の楽しみ方~その4【YouTubeでご紹介】

最近、うつわをつくっていてもあまり楽しくありません。次に何をつくろうかと、ワクワクしなくなりました。何かマンネリ化している感じです。それは、階段の踊り場みたいな状態で、いくら陶芸に集中しようと思っても、集中できません。気分転換に他の趣味をやってみるのもひとつの手です。
陶芸を楽しむ

シニアの陶芸の楽しみ方~その3【YouTubeでご紹介】

陶芸も熱中すると上達が速いです。あなたにとって陶芸が自分にあった熱中できる趣味であれば、必ず上達します。土を練っているときの感触、その間のすべてを忘れられる心地よさを知ったのなら、きっと陶芸はモノにできます。憧れのうつわを鑑賞するだけでなく、自らの手でつくりたいという強い熱意があるのか、自らに問いかけてください。
陶芸を楽しむ

シニアの陶芸の楽しみ方~その2【YouTubeでご紹介】

シニアのアマチュア陶芸家を目指すのでも、基礎技術を身に付けるには、一定の時間が必要です。菊練り、ロクロの扱い、釉がけなど陶芸にはマスターしなければならない工程が多々あります。まずは教え方の上手い先生から基本を徹底的に教えてもらうことです。何となく習っているだけでは、なかなか上達しません。
陶芸を楽しむ

シニアの陶芸の楽しみ方~その1【YouTubeでご紹介】

「いつか自分のご飯茶碗やコーヒーカップをつくってみたかった」という言葉を耳にします。 定年を迎え、新しい人生をスタートした今が、陶芸を始める絶好のチャンスです。 思い立ったが吉日です。今から陶芸を始めてみませんか? 陶芸を...
油絵を楽しむ

シニアの油絵の楽しみ方~その5【YouTubeでご紹介】

毎週一生懸命絵を描いているのに、最近少しも上手くなりません。マンネリ化している感じです。それは階段を上る際の踊り場みたいな状態なのかもしれません。気分転換に他の趣味を持つのも手です。私の場合、一つのことに集中できるのが3年が限度なので、その趣味を続けるためにも他に趣味を持つことにしています。
油絵を楽しむ

シニアの油絵の楽しみ方~その4【YouTubeでご紹介】

物事は熱中すると上達が速い。それならば、油絵があなたにとって熱中できる趣味になれば、必ず上達するわけです。油絵を鑑賞するだけでなく、自らの手で描いてみたいという強い熱意があるのか、自らに問いかけてください。また、自分に合った先生と仲間にめぐり会えるかで、あなたのやる気も大きく変わってきます。
タイトルとURLをコピーしました