定年後では遅すぎる~60代シニアの趣味は、50歳から始めよう !

趣味の選び方
自作の油絵2枚(下がイングランドのストーンヘンジ、上が奈良の石舞台古墳)

この記事は読むのに、約 4 分かかります。

当ページ掲載写真は、すべて筆者の作品です。

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

楽しめるうちに楽しむ

「人生、思い立ったが吉日」と云いますが、後になってそう実感し、後悔したことはありませんか?

「あの時、やっておけば良かった」「いまから始めるのは大変だ」とお思いの方、まだ遅くはありません。

今から、始めましょう ! 特にシニア世代にとって、「楽しめるうちに楽しむ」のが鉄則です。

「あとでやろう」は若いひとのセリフで、シニアにとって健康で活動できる時間は多くないのです。

男性の場合、平均寿命は80歳ですが、実は健康寿命は72歳なのです。

広告:電動ろくろと手ろくろ

 

東京多摩のライブハウスにて歌う。

 

まわりのしがらみから抜け出す

後でやろうと考えるのは、まわりのしがらみを気にするからです。

どこかの時点で「自分の人生は自分で決める」と開き直らない限り、このしがらみから逃れることはできません。

しがらみから抜け出すには、ある程度の犠牲は覚悟しなければなりません。

どの時代もそうであったように、今の時代もいつ何が起こるかわかりません。

数十年前を振り返ってみてください。

米ソ冷戦時代がソ連の崩壊で終結し、文化大革命に明け暮れていたあの発展途上の中国が今のような経済大国になることを誰が予見できたでしょうか?

 いわんやアメリカ・トランプ政権のなりふり構わずの自国第一主義を誰が予想したでしょうか?

大壺を作成中の筆者

 

定年後に備え、趣味を始める

明日のことでさえ、どうなるか確証はないのです。 「趣味は定年後に始めようか・・・」では遅すぎるのです。

では、いつから始めたら良いのでしょうか?

定年後にやってみたいことがあるなら、50歳代から少しづつ始めるのがベターです。

自分に合った趣味が何なのか、試行錯誤するのも楽しいです。

仕事に差し支えなく、家族に迷惑をかけない範囲で、まず始めてしまうことです。

定年後にゼロから始めるよりずっと楽に上達できます。

早くから時間をかけて趣味の素地を作っておくことで、あとで差がつきます。

本格的に始める定年後には、すでに高いレベルに到達しているかもしれません。

2009年2月陶芸作品 008

手作りの灰被りの花瓶

「第1歩を踏み出す癖」をつけよう

「考えすぎない」―自分で責任が取れる範囲なら「慎重さをNG」とし、まず「やってみることを最優先にしよう」と40歳を過ぎて初めて決意しました。

私たちが失敗する原因は「考え過ぎること」と「物事を否定的に考えること」です。

準備運動が終わったら、すぐに走り出すことです。

考え過ぎて時間が経つとカラダが冷えて硬くなってしまいます。

「行動を習慣化する」「ルーティンに組み込む」ことが重要です。

毎日、毎週、毎月の生活の中で習慣化し、無意識に行動しているのが理想です。

   ライター 小暮貢朗 

手作りの黒陶花器

タイトルとURLをコピーしました