【必見】 体験から学んだシニアの油絵の楽しみ方~その3

油絵の楽しみ方
シニアの油絵上達法~ 「上手い自分をイメージ」「画風を決める」

この記事は読むのに、約 3 分かかります。

広告

  

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

自分はどのレベルまで絵が上手くなりたいのか

ただ何となく絵を描いていても、あまり上達しません。

あんな絵を自分も描きたい、という強いモチベーションが大事です

実はあなたが自分でなりたいというレベルを決めれば、そのレベルまでは上達するでしょう。

しかし、このくらい描ければいいかと思えば、そのレベルで絵を描く技術は止まります。

始めに目指すレベル、自分がなりたい姿を描き、決めることが後で大きな差になってきます。

自分が上手く描いている姿を強くイメージする

あなたが自分で絵を描きたいと思ったきっかけは何ですか?

多くの人にとって、好きな油絵を実際に見て、感動し、憧れたことではないでしょうか。

同じように、自分が上手く描いている姿、上手く描けた絵をイメージすることが、上達の早道です。

よりビジュアルな姿が強くイメージできれば、半分上達できたようなものです。

自分がなりたいイメージを描けば描くほど、脳は現実化に向けて働き出します。

その際に、自分の脳がそれを理解しやすいように、イメージで自分の目標を伝えることがポイントです。

目指す手法や技術を絞り込む

絵画教室では、古典的な描き方や表現方法、技法を延々と教えてくれます。

でも実際に自分で自由に絵を描くようになると、使う技法や表現方法は絞られてきます。

それが自分の好きな絵画スタイルであり、心地よい、自分が描きたい絵なのです。

私は最初に通った絵画教室は2年で辞めました。自分の好きな絵、技法が試せなかったからです。

ネットで検索し、自分が目指す画風に近い画家のアトリエで、絵を教えてもらうことにしました。

早く自分の好きな画家を見つけ、早いうちに教えてもらわないと本当に時間の無駄になります。

自分の画風を決め、スタイルを極める

いろいろな基本技術や画風を練習しても、自分が選択するのは限られた手法です。

アマチュア画家と云えども自分のスタイル=個性がないと、出展しても興味を持ってもらえません。

いろんな描き方の中から、早く自分に合った画風を見つけ出し、自分の表現スタイルを作り上げることが重要です。

選ぶスタイルは、描きたい絵の好みがはっきりしていると速く決まります。

描いているうちに、だんだんと自分の好きな構図、色、タッチなどが分かってきます。

画家の先生や仲間からの助言も参考にしてください。逆にまわりから云われることで、自分の作風が確認できることがあります。

文:小暮貢朗

【絵が上手くなる方法】

その1、「初心者は最初、絵画教室で学ぶ」と「本だけでなく、ネットやYouTubeも利用する」

その2、「こまめにデッサンする」と「好きな画家の絵を真似する」

その3、「目指すレベルを決め、その姿を強くイメージする」「自分の画風を決め、スタイルを極める」

その4、「熱中する期間があると、驚くほど上達する」と「絵描きの仲間をつくる」

その5、「伸び悩んだら、他に趣味を持つ」と「作品を公に発表する」

広告

 

タイトルとURLをコピーしました